サービス内容

さわたりの郷のユニットケア

・さわたりの郷では、「ユニットで行うケアがユニットケア」という考え方ではなく、「お客様お一人おひとりのあるべきケアを個別に考えていく大切な手法」としてユニットケアを捉えています。

・さわたりの郷では、当法人の高齢者福祉のノウハウを、ユニットケアの手法を通して、お客様と寄り添いながら、その人らしい生活の実現に努めていきます。

入居する際は、生活相談員が面接し、自宅での生活やご要望などを聞き取りいたします。

入居後すぐに、ケアマネージャーを中心に様々なスタッフがチームを作り、おひとりお一人のこれからの生活について、ご自宅での生活やご要望などを踏まえ、一緒に考え、実践していきます。

『チームケア体制による個別ケア』

チームケア体制

チームケア体制

専門職員が支えるケア

専門職員が支えるケア

軽度から重度の方まで、介護の状況に合った介護機器や介護用品を選定します。
車いす・ベッド・浴室など、多彩な介護機器・介護用品をご用意いたしました。法人の理学療法士が直接改良を加えた介護機器・介護用品などを導入、入居後早い段階でよりご本人に合った物を選び、調整をいたします。
重度利用者にこそ自立支援を。
意志表出のできない認知症や重度のお客様に対し、相談機能を充実させ、高齢者の権利擁護を最優先に取り組みます。
あきらめの中で施設で暮らす…のではなく、その人に寄り添い「人生を支えるサービス」として、施設サービスを位置づけていきます。お客様が「残された人生」ではなく「これからの人生」として希望が持てるように、人として向き合いながら「個性が感じられるケア」を行います。

このページの先頭に戻る